【ストックフォトで副業計画】写真ACクリエーター登録1カ月目の収入は?審査の難易度やダウンロードされるコツについて

こちらの記事(フリーランスの本業と副業の収入状況(2017年5月現在))で書いたように、副業のひとつとして写真ACというストックフォトサービスにクリエーター登録しました。

▶ 無料写真素材なら【写真AC】

登録から1カ月経ったので、実績と気付いた点などを紹介します。

スポンサーリンク

1カ月目の実績

1カ月間で246点の写真をアップロードしました。
ほとんどが撮りだめしていた写真とはいえ、一つひとつタイトルとタグ付けが必要なので、結構頑張ったのではないかと思います。

ダウンロードは、157回でした。1日あたり5回のペースです。
1回あたり2.75円の収入が得られるので、1カ月目の収入は450円弱となりました。

ブログでの副業ほど大きな収益拡大の可能性があるわけではありませんが(といってもブログ収入もいまだに雀の涙)、スタートダッシュとしてはブログより優秀という結果に。

今後の見通し

撮りためた写真のストックももうすぐなくなりそうなので、1カ月目のペースで写真をアップすることはできなさそうですが、アップした写真は引き続き資産としてお小遣いを稼いでくれるはず。

2カ月目半ばの現在、ダウンロード回数は1桁の日もありますが、なんと最高で1日50回を突破しました。1日50回が毎日続けば、1カ月で約4,000円です。1年5万円近くとなれば、決して馬鹿にできない金額ですよね。当面はこの金額が目標になりそうです。

審査の難易度は?

写真ACでは、写真をアップすると審査があり、審査に通ったものが公開されます。

私の場合、250点ほどアップして、不合格だったのは2点。
2点とも「登録商標が写り込んでいる可能性がある」というのが不合格の理由でした。

この不合格率の低さから見ても、公序良俗に反していないか、著作権や肖像権を侵害していないかなど、最低限のチェック機能というだけで、写真の質を問うようなものではないと思われます。

スマホでも大丈夫?

私がアップしている写真は、一眼、iPhone、iPadで撮った写真です。

一番ダウンロード回数が多い写真は一眼で撮ったものですが、それぞれ大きな違いは感じません。

なお、一眼で撮った写真があるのは、もともと写真が趣味だからというわけではなく、たまたま実家にあるからというだけ。写真の腕は言わずもがな、です。

もちろん写真の質が良いに越したことはないでしょうか、花や自然の写真のように競争率が高く、クオリティが試される類の写真でなければ、スマホでも十分なのではないでしょうか。

ダウンロードされるコツは?

最初は「きれいな写真」が求められるような気がしていたんですが、私のように大した写真の腕がない場合、それは当てはまらないような気がします。

というのも、いわゆる「きれいな写真」に関しては、どう頑張っても腕のある人にはかなわない。本格的に写真をやっている人と同じ土俵で戦うなんて無理な話です。

では、私の場合、実際にどんな写真がダウンロードされているかというと、身の回りにある日用品、レアな観光地、レアな特産品などの写真です。
決して写真作品として優れているわけではありませんが、ブログやウェブサイト、広告類などに使っていただけているのかなぁと思います。

こんな写真を使う人がいるんだ!?と思って検索してみたら、同じものを題材にした写真が他にほとんどなかったり…

取り立てて写真の技術が優れているのでない限り、写真のきれいさにこだわるよりも、競争率が低いものを狙うというのも一つの方法かもしれませんね。

まとめ

徐々にシステムに慣れ、気付きが出てくるにつれ、楽しくなってきました( ・∀・)

ほったらかしにしていた写真が収入につながるなんて!
ストックフォトに限らず、知っているかいないか、やってみるかみないか、というのは大きいですよね。

目指せ、年間5万円!!

▶ 無料写真素材なら【写真AC】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする